1/27★WAKU☆DOKI はっぴー

1月27日(土)は、定例の水富地区の子どもたちを対象にした「遊び」と「学び」と「食」の事業「WAKU☆DOKIはっぴー」を開催しました。

 

今日は晴天に恵まれましたが気温が低い上に風も強く、みんな来てくれるかなと少し心配しましたが、子どもたち15名、ボランティアさん&事務局スタッフ24名、合計39名で、今年最初のWAKU☆DOKIはっぴーを楽しみました。

 

来てくれたお友だちは寒さなんかへっちゃらで、みんな元気に外遊び、室内遊び、お勉強、そして昼食と、あっという間の充実した3時間を過ごしました。

 

お昼のメニューは・・・

◎豚肉や野菜の具がいっぱいのとん汁

◎白菜とベーコンのソテー

◎ハムとポテトのサラダ

◎ リンゴとさつまいもの甘煮

◎白ご飯と鰹節のおにぎり

で、みんなとん汁をはじめ何杯もおかわりして、お腹いっぱいになりました。

 

今日も子どもたちのために労を惜しまずご尽力いただいたボランティアの皆さん、そして元気に来てくれたお友だちと送迎いただいた保護者の皆さん、誠にありがとうございました。

 

インフルエンザが猛威をふるっています。22日の月曜日に降った雪もまだまだ溶けないで凍結したままの道路も散見されます。風邪や怪我、事故に気をつけて、来月も元気に参加してください。

 

■子どもたちの感想(抜粋)

☆今日はとても楽しかったです。勉強をいっぱいしました。また来たいです。

☆おりがみがたのしかったです。

☆おひるごはんがおいしかった。あそびもたのしかった。

☆皆とコミュニケーションがとれることに気づきました。とても楽しく参加できたのでうれしいです。ありがとうございました。


1IMG_9780.jpg   1IMG_9786.jpg   1IMG_9784.jpg


1IMG_9783.jpg   1IMGP8168.jpg   1IMG_9802.jpg


1IMGP8170.jpg   1IMG_9807.jpg   1IMG_9808.jpg


1IMG_9809.jpg   1IMG_9812.jpg   1IMG_9813.jpg


 

★「WAKU☆DOKI はっぴー」とは・・・

 

この事業は、子どもたちが地域の大人との交流の中で、ゲームやスマホ以外の遊びをいっしょに楽しんだり、勉強でわからないところやより深く学びたいところを無料塾ボランティアさんに教わったり、そして手作りのおいしいご飯を子どもも大人も全員が一緒になっていただいたりといった、子ども食堂をより充実させた水富地区における青少年健全育成&地域づくり事業です。

地域の多くのボランティアさん、企業や団体や個人の方々に支えていただいて実施しています。地域の中でお互いに顔が見える、そして子どもの成長に欠かせない地域の大人との「斜めの関係」づくりの輪を広げて行きます。

 

【事業名称】

WAKU☆DOKI はっぴー(WAKUは「わくわく」、DOKIは「どきどき」)

 

【主役】

元気に参加する子どもたち

 

【準主役&名脇役】

子どもたちの笑顔が報酬!ということで協力いただくボランティアさん

 

【共催】

NPO法人地域教育ネットワーク

青少年育成水富地域会議

水富地区センター(水富公民館、広瀬公民館)

 

【協賛】

株式会社日本標準(学びにおける教材等のご支援)

セントラルフーズ株式会社(食における食材のご支援)

いるま野農業協同組合(食における食材のご支援)

 

【協力】

無料学習塾さざんか塾(学びのご協力)

平野明雄さん【笹井在住】(食のご協力)

その他、遊び道具や乾麺・缶詰等のご寄付をいただいた多くの地域の方々

メニューバナー"

<   2018年1月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31