9/30★介護実践講座

9月30日(日)は、朝一番で職員の法定の自衛消防訓練を実施し、その後10時から12時の間で介護実践講座を、一般の受講希望者の方と職員で一緒に受講しました。

 

講師は介護福祉士の高橋愛子先生におつとめいただき、主に身体的な障害をお持ちの方に対する以下の介助の基本について、実習を中心に学びました。

 

(1) 介護の基本

(2) 車椅子の操作

(3) 座位から立位、立位から座位への介助

(4) 歩行介助

(5) 視覚障害をお持ちの方の介助

(6) 更衣介助

 

公民館は広く地域住民に開かれた地域の施設で、様々な障害をお持ちの方も頻度は低くても来館されます。その際に、事故や怪我のないよう、そして障害をお持ちの方の気持ちに寄り添って、少しでも適切な介助ができるようにと願って、職員はこの講座を受講しました。

 

一般受講者はお一人だけで、職員4名とあわせて5名の受講者による講座でしたが、講師の高橋先生の人間的魅力、そして"目からウロコ"の非常に分かりやすいお話しと実習指導で、全員が正しい介助法を学ぼうと真剣に取り組み、充実した有意義な研修講座になりました。

 

今日の研修講座で習ったことの全てを、実際場面で完璧に実践できるわけではないでしょうが、一度でも体験しておくことは、いざという時に必ず生きる体験になります。

 

障害をお持ちの方やお困りの方を見かけたら、今日の体験を活かし、まずはよく見、そしてどうしてほしいと思っておられるのかを的確にきいて理解し、声かけをして気持ちと体の動きを合わせて介助する、ということをしっかり意識して、職員としての役割を果たして行こうと思います。


2IMG_2186.jpg   2IMG_2189.jpg   2IMG_2192.jpg


2IMG_2199.jpg   2IMG_2201.jpg   2IMG_2202.jpg

メニューバナー"

<   2018年10月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31