12/2★残しておきたい狭山の風景めぐり

12月2日(日)は、水富地区における東広瀬編の「残しておきたい狭山の風景めぐり」を開催しました。

 

この講座は、狭山市内に存在する史跡や文化財をはじめ、魅力ある自然、街並み、風景を徒歩でめぐって撮影し、成果発表を兼ねての展示会を開催しつつ、撮影した写真画像を記録として残して行こうという試みです。

 

この活動を、狭山市全地区の数多くの写真作品を未来のまちづくりに活かすとともに、撮影された写真愛好家の皆さん、そして鑑賞に訪れる方々の郷土愛を深めることを目的に、狭山市全地区で定期的に開催され、今年で4年目の取り組みになります。広瀬公民館は今回はじめて水富公民館との共催団体として、この講座の開催に関わりました。

 

この日は、水富地区の東広瀬編ということで、次の撮影ポイントを訪れました。

 

☆広瀬公民館で集合

①影隠地蔵

②今宿遺跡

③虹の遊歩橋

④古墳公園(通称)

☆広瀬公民館に戻って解散


2IMG_3690.jpg   2IMG_3696.jpg   2IMG_3716.jpg


2IMG_3722.jpg   2IMG_3743.jpg   2IMG_3755.jpg


参加された写真愛好家の皆さんは、参加者同士の交流も図りながら、様々な位置や角度から熱心にシャッターを切り、充実した風景めぐりとなりました。ご参加いただいた皆さん、どうもお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

 

撮影された写真作品は、水富公民館と広瀬公民館で来年1月以降に、時期をずらしてロビーで展示されます。開催時期は両館の公民館だよりでご案内しますので、楽しみにお待ちください。

メニューバナー"

<   2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31