公民館レポート★「WAKU☆DOKIはっぴー」への関わり

広瀬公民館では、水富公民館とともに水富地区の子どもたちを対象にした「遊び」と「学び」と「食」の事業「WAKU☆DOKIはっぴー」の会場提供をはじめ、この取り組みに関わっています。

 

この事業は、元気で活力ある地域社会の実現を図るために地域住民が主体的に取り組むまちづくり事業です。平成29年度からスタートし、両館あわせて60名を超える地域のボランティアさんや地元の企業・団体、その他の個人の方々が支える中で実施している取り組みです。そして、両館あわせて70名を超える子どもたちが参加登録し毎回元気に活動しています。

 

内容的には、子どもたちが地域の大人との交流の中で、外遊びや昔懐かしい室内遊びをいっしょに楽しんだり、勉強でわからないところやより深く学びたいところを無料塾のボランティアさんに教わったり、そして栄養バランスを考慮した手作りのおいしいご飯を子どもも大人も全員が一緒になっていただいたりといった構成になっています。

 

安全で暮らしやすい地域にする取り組みには様々なアプローチがありますが、この「WAKU☆DOKIはっぴー」の活動を通じて、地域の中でお互いに顔が見える、そして子どもの成長に欠かせない地域の大人との「斜めの関係」づくりの輪を広げて行くことは非常に重要で価値あることです。

 

公民館は社会教育施設として「まなぶ」「つどう」「むすぶ」という役割を担っています。そして、広瀬公民館の今年度のスローガンは"地域みんなの公民館―広瀬で育む学び、ふれあい、支え合い"です。

 

参加する子どもたちも、保護者の皆さんも、ボランティアさんも、全員が安心して集える会場として公民館は最適な場所です。このような取り組みを支援し、最適な環境をととのえる役割を果たすのは、まさに公民館の仕事です。そして何より、よりよい地域づくりに貢献できることは、私たち公民館職員にとってもやりがいのある喜びにつながる仕事です。

 

広瀬公民館では、今後もこの地域住民主導によるまちづくり事業が継続的に発展できるよう、安全で快適な運営も含めた施設提供はもとより、公民館ならではの創意工夫を行いながら積極的に関わり、全面支援していきたいと考えています。


1IMG_8175.jpg   4.jpg   3.jpg


8.jpg   6.jpg   1IMG_8174.jpg


★「WAKU☆DOKIはっぴー」の詳細情報 (平成29年10月現在情報)

 

【事業】

名称:WAKU☆DOKI はっぴー(WAKUは「わくわく」、DOKIは「どきどき」)

※狭山市の水富地区における「まちづくり推進事業」

 

【会場および開催日】

水富公民館:月1回(第3土曜日)10時~13時

広瀬公民館:月1回(第4土曜日)10時~13時

 

【参加資格等】

対象:小中学生

費用:各回100円

参加:事前登録制(公民館に問い合せ)

☆ 水富公民館:TEL 04-2954-4730

☆ 広瀬公民館:TEL 04-2953-6500

※他に春・夏・冬休みに無料&自由参加の学習ルーム開催(公民館だよりで広報)

 

【主役】

元気に参加する子どもたち

 

【準主役&名脇役】

子どもたちの笑顔が報酬!ということで協力いただくボランティアさん

 

【共催】

NPO法人地域教育ネットワーク

青少年育成水富地域会議

水富地区センター(水富公民館、広瀬公民館)

 

【協賛】

株式会社日本標準(学びにおける教材等のご支援)

セントラルフーズ株式会社(食における食材のご支援)

いるま野農業協同組合(食における食材のご支援)

 

【協力】

無料学習塾さざんか塾(学びのご協力)

平野明雄さん【笹井在住】(食のご協力)

その他、遊び道具や乾麺・缶詰等のご寄付をいただいた多くの地域の方々

 

メニューバナー"

<   2017年10月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31